山縣製作所のスタッフ紹介
MENU
山縣のプレス金型について
 > 短納期・低価格を実現
 > 金型・製品実績
山縣製作所について
 > スタッフ紹介
 > 設備内容
 > 問い合わせ
お問合わせ
tel.0256-92-3572
fax.0256-92-5107
info@yamagata-ss.co.jp
営業時間:8:30-17:30
休日:土・日・祝日
担当:山縣(やまがた)

HOME > 山縣製作所について > スタッフ紹介

 

スタッフ紹介

 

 

 当社では、20年以上のキャリアを持つ組立職人が3名、10年以上の機械加工職人3名、その下に若手職人を配置しております。
  ベテラン職人は経験が豊富で、金型の耐久性(仕上)、仕事が速い、加工の幅が広い(機械)など質のいい金型に繋がります。また難度の高い技術的な問合せにも対応できます。
  若手職人は熟練職人から現場で指導を受け作業することにより実践的な技術の習得を早めております。ベテランと若手職人が協力し、短納期・高精度・使いやすさを心掛けた金型製作を心掛けております。

お客様が作業しやすい金型作りを目指しています!

【関川正則 組立課 勤続40年】

 お客様が作業しやすい金型作りを目指し、仕事がスムーズに行くような金型を心がけています。
 特に、異形絞りの加工を行う金型は難しく、バランスを考えながら最終調整を行う必要があります。
 バランスが崩れると、プレスした製品は割れやシワ、重なりなどが出てしまいますので、それらを未然に防ぐことには非常に気を使います。

短期間でどれだけ高精度の金型を作ることができるのか問われている

【高井孝一 組立課 勤続36年】

 最近は、非常に短納期で依頼されることが多く、短い期間の中でどれだけ精度の高い金型を作ることができるのかを問われているのではないかと思うことがあります。
 そして、当社が納期を求められているという事は、当社の金型を使用するお客様も納期を求められているはずですので、不具合の無い金型作りに常に邁進させていただいております。

他の課と積極的に連携し、短納期を実現

【本間 栄志 機械課 勤続14年】

 ここ数年納期が短くなっていると感じています。
 それに対応するために機械課としても個人の技術レベルをあげる工夫をしたり、新しい機械を導入したりしています。
 そして社内全体でも設計課や機械(仕上・組立)課と一緒に効率よく作業ができるように相談をしながら進めています。

最小限の作業(工程)・無駄のない作業・早い作業

【渡辺 大志 機械課 勤続11年】

 常に納期が短くなるためにはどうすればいいかを考えて仕事を行っています。
 私の所属している機械課では納期短縮のために、スタッフ間で綿密な打合せを行い分業体制で効率のよい作業を心がけています。
 そのためにいつも自分自身で心がけているのが「最小限の作業(工程)で行う」「無駄なく作業を行う」「できるだけ早く作業を行う」ことです。
 今は後輩も入り、後輩に追いつかれない様に、自分の                           技術をより一層磨きをかけています。